先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 技術情報

試作板金加工 材質技術情報
試作板金加工 加工技術情報
試作板金加工 Q&A

試作板金加工.com Q&A

試作板金加工.com 困りごと解決提案

どのような検査・品質保証をしていますか?

  深沢製作所では、ノギス、ピンゲージ、ネジゲージ、ハイトゲージ、マイクロメーター、リニアゲージ、三次元測定器、非接触画像測定器、マイクロスコープ(自動測定器)等を使用して寸法測定検査を行っております。

  特殊工程のスポット溶接やプロジェクション溶接・スピンカシメ加工等では、1ロット毎に製品の破壊試験を実施し、強度保証をしております。 

 量産の精密板金部品に対しては、過去に製作した類似形状の精密板金部品で発生した不良事例や加工機毎の注意事項をまとめたチェックリストに従って検査基準書・成績書を部品毎に作成しております。この検査基準書・成績書を、量産生産の初回ロットから適用しております。検査基準書・成績書の廃棄に関しては、お客様から廃棄種連絡を頂いた後、5年間保管し、その後廃棄処分としております。

 環境管理物質ついては、chemSHERPA,JGPSSIに対応しておりRoHS、REACHに抵触していない事を保証しております。加工に使用する材料に関しては、一点一葉のミルシートで成分の確認を行い、環境に抵触していない材料であることを確認して使用しております。

 完成した精密板金部品の出荷時に行う外観検査では、一定の明るさを保つ照度管理を行っており、1500~3000ルクスの明るさを維持した環境を整え、精密板金部品の外観確認を行っております。

 万が一スリ傷や打痕・異物等が外観検査で発見された際には、ドットゲージによる確認を行っていて、お客様からのご要求事項によっては、限度見本を作製して品質保証を行っております。

よくあるご質問を投稿

電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら