先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 材質から探す

SPTE(ブリキ)

SPTE(ブリキ)

試作板金加工.comでは、様々な材質・材料の金属を用いて試作板金加工、精密板金加工の提案を行っております。
ここでは、そうした試作板金加工.comの実績の中から、SPTE(ブリキ)を用いた試作板金加工、精密板金加工の事例・提案を公開します。

厚さ0.15~ 0.5 mmまでの冷間または熱間圧延の鋼板にすずめっきをしたもので、溶融めっき(熱せきめっきブリキ)と電気めっき(電気めっきブリキ)とがある。
ブリキ板の長所を列記すれば、1. 光沢があり表面がきれい、2. 耐食性にすぐれている、3. 食品に無害、4. 加工、はんだ付けが容易、などがあり、缶詰の缶、食缶、台所用品、電気部品、玩具などに用いられる。

ブリキのめっき法による種類

方法 説明
溶接めっき(熱せきめっき) 耐食性 優(めっき量 多)、はんだ付け 容易
電気めっき めっき量均―、表面仕上げが平滑、めっき厚の調整可能(板の表裏面)

ブリキ種類と記号

種類 特長
原板 SPB
冷間圧延 電気ブリキ板 SPTE-C
熱せきブリキ板 SPTE-C
熱間圧延 熱せきブリキ板 SPTH-N

ブリキの表画仕上げによる種類

種類 記号 特長
マット仕上げ(つや消し仕上げ) N 無光沢(電気めっき後にすずの溶融操作をしない)
光沢仕上げ - 光沢(電気めっき後に加熱し、すずを瞬間的に溶融する)、一般市販品用
電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら