先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

製図段階からVA/VEを実現したい

試作板金部品の測定・検査工数削減を実現する図面設計指示のポイント③

試作板金部品においては、加工側の工程を考えた設計をすることが、加工コストの削減や品質向上につながります。上図のように異なる穴径や、ねじ径が混在すると、検査工程に時間がかかるだけではなく、穴径やねじ径の間違いによる加工不良率が高まってしまいます。

試作板金部品においては、設計図面上の穴径やねじ径を、なるべく1 つの穴径や、ねじ径に統一することで、加工時間を削減することができ、また検査工程に時間がかからないだけではなく、穴径やねじ径間違いによる加工不良率を下げることが可能になります。

試作板金部品においては、加工側の工程を考えた設計を行うことが重要です。図面上に異なる穴径やねじ径が存在する場合、その径に応じた工具や検査器具を準備する必要があり、可能な範囲内で同一の穴径やねじ径を採用することでVA・VE の効果が期待出来ます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら