先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

製図段階からVA/VEを実現したい

試作板金部品の量産時の生産効率アップを実現する図面設計指示のポイント

試作板金部品の図面上の基準を板金の辺に設定すると、辺に歪みや変形があった場合には、殆どの寸法が影響を受けてしまい、寸法のばらつきが大きな部品になってしまいます。歩留まりを悪化させ、加工コスト、組立コスト等に大きな影響を与えます。

試作板金部品において、図面上の基準を穴に設定することで歪みや変形の影響を小さく抑えることが可能になります。穴の変形量は少さく、容易に公差内に収めることが可能なため、加工時に寸法のばらつきが少ない部品になり、歩留まりを向上させることが可能になります。

試作板金部品において、図面の基準を、歪みや変形が発生し易い辺部等に置いてしまうと、測定結果が大きくばらつき、寸法のいびつな部品となってしまいます。図面の基準点は歪み等の影響が出難い穴部等に設定することで、加工時の寸法を安定させることができ、VA・VE の効果が期待出来ます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら