先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

製図段階からVA/VEを実現したい

試作板金部品の材料歩留まりを改善する図面設計指示のポイント

上図のような試作板金部品は、一枚の板金材料から上部の突起部を含んだ部分を打ち抜くことで得られます。材料に無駄な部分が多くなってしまい材料歩留まりが悪くなってしまいます。特に量産が前提の際はコストに大きく影響してくるため、なるべく避けるべき形状と言えます。

部品から1 点だけはみ出すような形状はなるべく避けて設計することで、材料歩留まりを向上させることができます。突き出し部が必要な際は、上記のような切り起こし形状に変更することで、材料に無駄な部分の発生を抑える事が可能になります。

試作板金部品に限らず、板金部品は一枚の板金材料から切り出し、抜き加工や曲げ加工を行ってひとつの部品を作っていきます。上例のように、突起部のような形状を材料から抜き出すと、材料を無駄にする部分が大きくなってしまうため、できるだけ切り起こしのように部品の外形形状に影響を与えないような設計とすることでVA/VE の効果を得ることが可能になります。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら