先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において精度を向上したい

品質向上を実現するレーザー加工活用による試作板金部品設計のポイント

板金部品に抜き加工を行うのはタレットパンチプレスが一般的ですが、タレットパンチプレスは 複数の金型を組み合わせて加工を行うため、金型同士のノッチ(継ぎ目跡)が板金表面に僅かに ついてしまいます。外観板金部品や、流体が通るような精密板金部品の場合はトラブルの原因と なります。

外観や微小な凸凹が問題となる精密板金部品については設計段階で加工方法の選択・指定を行 うことで、品質向上につなげることが出来ます。上記例ではレーザー加工を設計段階で加工者に 指示することで、表面精度を保った加工が可能になります。

板金部品の抜き加工を行う際は、NCT ( タレットパンチプレス) を用いることが一般的ですが、 NCTは複数の金型を組み合わせて加工を行うため、金型の継ぎ目が切断面に残ってしまい、精 密板金部品の場合は品質に問題が出るケースがあります。このような際は、レーザー加工を選択 することで加工面を一定に仕上げることができ、品質向上につながります。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら