先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において精度を向上したい

精度向上を実現する部品の分割による試作板金部品設計のポイント

展開時に1 辺が900 以上になる板金部品は、1枚板の加工によっての1 個の試作板金部品の 製作では問題なくできますが、使用する材料が大板になるため、このサイズは曲げ加工の際にも 加工者の技術が必要になります。

試作板金部品において、形状確認等のために部品が必要な場合、2 部品に分割することで、展 開時の大きさを小さくすることができます。□ 914 内に収めることでコンパクトなサイズの材料 を用いることができ納期短縮や精度向上、品質向上を実現することができます。

量産が前提となる製品の試作板金部品は、当然ながら量産性を考慮した設計が求められます。 板金の特に材料は一般に多く流通しているサイズが決まっており、上図のように1 枚板で設計す ると曲げ加工技術が必要になります。コンパクトに分割して2部品の組み合わせによる設計とす ることで、部品点数が増えても総合的なコストダウンを実現できます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら