先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において納期短縮を実現したい

金型費を削減する異形状曲げ部のある試作板金部品設計のポイント

上図のような試作板金部品の周囲が連続した立ち上げ形状となっている場合、加工に際しては立ち上げ形状に合わせた専用の簡易型が必要になります。試作板金部品自体の費用に加え、簡易型製作のための費用、納期が掛かることになってしまいます。

試作における形状確認が目的であれば、板金部品の一部を溶接による別体構造にすることで、リードタイムを大幅に短縮することができます。簡易金型の製作が不要になり汎用の金型にて製作することが可能になるため、費用、納期ダウンを実現することができます。

試作板金部品において、異形状の連続した立ち上げ部分がある場合、加工に際して専用の金型を作製する必要があるため加工コストが高くなってしまいます。この場合、溶接強度で部品強度が十分な場合は異形状部分を別体構造とすることで、金型の製作が不要になり、コストダウン、納期短縮、精度向上を実現することができます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら