先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において納期短縮を実現したい

締結方法の変更による試作板金部品の設計のポイント

少量の試作板金品の締結部の設計においては、締結方法を考慮することがコストと納期に影響します。例えば、上記のような板金部品における締結部分において、リベットを用いたかしめによる締結方法を採用すると、リベットを通すための下穴の加工が必要になり、プレス等による下穴加工、かしめ加工の工数分、試作板金品のコストアップの要因になってしまいます

試作板金部品を少量調達する際は、締結部分を工数が必要なリベットを用いたカシメ加工による締結に代わり、スポット溶接による締結を採用することで工数を削減し、コストと納期を抑えた生産を実現することができます。また板金に穴を開けないため、スポット溶接は特に穴開け加工による板金の歪みが発生しやすい、高精度の薄板板金部品への採用にも向いています。

試作板金部品の締結部においては、必要なロット、形状に合わせた締結法を採用することが重要になります。リベットによる締結は信頼性、メンテナンス性に優れた締結法ですが、工数が増えるためコスト・納期に反映されてしまいます。少量の試作板金品調達においてはスポット溶接を採用することで工数を削減し、コスト・納期を抑えた部品調達が可能になります。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら