先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において納期短縮を実現したい

後加工のコストを削減する側面に加工部のある試作板金部品設計のポイント①

 

試作板金部品において、側面の曲げ位置に近い箇所にバーリングや穴形状がある場合、曲げ加工により歪みが生じ易くなります。一般に歪みを防ぐためには、別体構造による製作を採用しま
すが、溶接強度では機構上、不可の場合は曲げにより立ち上げた後に穴加工等を行うことになり、加工コストが高くなってしまいます。

 

試作板金部品において、側面のバーリングや穴形状は上で述べたように曲げ位置近くは歪み易くなりますが、形状の近くにスリット入れることで歪みが出ることを防ぐことが出来ます。後加工で穴加工等を行う必要が無くなり、加工工数を削減、納期短縮を実現することが出来ます。

側面に立ち上げ形状があり、その中にバーリングや穴加工が存在する場合、曲げ加工時に歪み易くなるため、精度が必要な場合は後加工により形状を得ることになります。別体構造によって対応することも可能ですが、強度が必要な場合は求める穴形状等の曲げ位置近くにスリットを設けることで歪みの影響を抑えることができ、納期短縮を実現することができます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら