先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において納期短縮を実現したい

後加工のコストを削減する多数個取りの試作板金部品設計のポイント

 

レーザー加工によって多数個取りの試作板金品を製作する際は、一枚の板金から切り出していきますが、ジョイント部分の凸部が各部品を板金から分離した際に残ってしまいます。残った部分は後加工により削ることになるため、工程が増えてしまいます。

 

内部部品の試作部品等の場合、上図のように最外径のジョイント部分付近を凹型に設計しておくことで、板金から分離した際にジョイント部分の凸形状が他部品と干渉することを防ぐことができます。仕上げ加工が不要になり、納期短縮、コストダウンにつなげることができ、量産時にも使用できる設計となります。

板金試作部品は一枚の板金部品からレーザー加工による多数個取りをすることもよくありますが、その場合ジョイント部が残ってしまうため板金から分離した後に干渉防止等を理由として、後加工が必要になります。この場合ジョイント部分付近を凹型形状として設計しておくことで、板金からの分離した後に後加工が不要になり納期短縮、コストダウンに繋がります。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら