先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において納期短縮を実現したい

組立コストを削減する試作板金部品のカシメ軸の設計のポイント

 

カシメ軸の設計時にA寸法が同一の場合、カシメ時に抜けてしまい易くなり、カシメ作業時に専用の治具が必要になります。また強度も低くなり締結部分が壊れやすくなってしまいます。

 

 

A寸法よりも径を大きくしてカシメ軸を設計することで、カシメ作業時の抜けを防ぐことが出来、接合強度も向上させることができます。また、作業時に押さえる箇所も1 箇所に押さえることが出来、作業性を向上させることができます。

精密板金部品において、カシメ軸の設計が上記例のようにカシメ軸の上下で同一径の設計となっている場合があります。この場合、加工時のカシメ軸の固定が難しく工数が掛かることに加え、接合強度も弱くなってしまいます。カシメ軸の上下径を異なった大きさで設計することで加工性を向上させ、コストダウンにつなげることが出来ます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら