先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

よくあるトラブルを防止したい

キズや歪みのトラブルを防止する量産を考慮した試作板金部品設計のポイント①

試作板金部品において、接合部に位置決め用の穴とダボがある場合、この2 つが均等に配置されて設計されているケースがあります。曲げ位置の根元に近い部分にダボがあると、曲げ加工を行った際に曲げた部分と干渉し、キズや寸法のズレなどの問題を発生しやすくなります。

上図のようにダボ形状を辺に対して均等ではなく、位置を上部に移動させたり、1 点のみとするなど、曲げ加工を考慮した位置に設計することで、曲げ加工の際に他の部分とダボが干渉することを防ぐことができ、加工性向上と同時に品質向上を実現できます。

試作板金部品において位置決め用のダボと穴が存在する場合、上図の例のように均等な位置に配置されているケースがよくあります。このような設計は、曲げ加工により形状を作っていった際にダボが周りの部分と干渉し、キズや歪み発生の原因となってしまいます。ダボ位置を上部に変更したり、1 箇所に変更することで品質向上と加工性向上を実現できます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら