先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において納期短縮を実現したい

納期短縮を実現するスペーサーからの工法変換による試作板金部品設計のポイント

試作板金部品において、タップ加工を施す場合、タップ加工を施したスペーサーを圧入することで、タップ成形を行う場合があるが、この場合別部品としてスペーサーを調達する必要があり、小ロットの試作等の場合は、部品調達のためのコスト、納期が多く掛かることがある。

試作板金部品においては強度に問題が無ければ、スペーサーの圧入を本体から直接打ち出すバーリングに変更することで圧入部品の調達を行わずにタップの成形が可能になる。部品調達の工程を省くことが出来、納期、コストの短縮を実現することができる。

タップ加工を試作板金部品に施す場合、タップ加工を施したスペーサーを圧入することでタップ形状を得る方法がありますが、部品調達のコストと納期が掛かってしまいます。高い強度が必要でない場合は、バーリングによるタップ下穴の成形を行うことで別部品の調達を行わずにタップ形状を得ることができ、コストダウン、納期短縮に繋がります。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら