先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

試作において納期短縮を実現したい

納期短縮を実現する立ち上げ形状部の試作板金部品設計のポイント

試作板金部品において、狭いコノ字形状は加工の仕方が特殊になり、曲げ加工の後で複数回の微調整が必要になります。また段取りも、先端曲げ→根元曲げ→プレス成形の3 回が必要になり、
いずれの工程でのズレも寸法・形状のズレに大きな影響を与え、修正が困難な形状になります。

試作板金部品においては曲げ加工の方向を、外側曲げ→外側曲げとすることで、納期メリットを出すことができます、上図のように穴形状がある場合は、仕様上問題のなければコの字形状から、
上図のようなつば、フランジ形状に変更することで、加工性を向上させ納期を短縮することができます。

試作板金部品における曲げ形状は、加工性を考慮して設計することが重要になります。上図のようなコの字形状は、外側から曲げた後にさらに内側へ板金を曲げてコの字形状を作りますが、工
程が複雑で精度が出し難い加工になります。仕様上問題が無ければつば形状に変更することで、外側曲げ→外側曲げと単純な加工が可能になりコストダウンに繋がります。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら