先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

よくあるトラブルを防止したい

組立トラブルを防止する量産を考慮した試作板金部品設計のポイント②

 

スポット溶接工程での位置決めにおいて、ダボなどでの位置決めを行えず、やむを得ず2 箇所の面の突き当てで位置決めを行う場合があります。しかし2 箇所の面の突き当てでは、面当たりとなるため、位置決め精度がそれぞれの部品の面の平面度に依存するだけでなく、外部からの衝撃を受ける面積が大きくなり、部品の外れ不良に繫がり易くなります。

試作板金部品において、仕様上可能ならば突き当て部品の4 箇所に凸を施し、あえて線当たりとすることで位置決め精度を高めることが可能になります。また同時に外部からの衝撃を受ける部分の面積を小さくすることができ、衝撃等に対する変形も抑えることができます。

試作板金部品は衝撃等による変形を起こし易く、平面度も安定し難い部分があるため面当たりによる位置決めは精度が不安定になることがあります。突き当て部品の形状を面当たりから線当たりとなる形状に変更することで位置決め精度を高めることができ、不良率低減、精度向上を実現することが出来ます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら