先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 困りごと解決提案

よくあるトラブルを防止したい

製造工程指示モレ防止例

Beofore

データのみの出図の場合、タップの有無が不明確であったり指示モレが発生する場合があります。

バーリングの内径をφ3.0で設計している場合、加工後にタップを切ることが出来ません。

After

データのみの出図の場合、タップの指示が必要ですが、加工後にタップの指示が入った場合、

バーリングの内径がφ2.75で設計していれば加工後にでもタッピング加工が可能となります。

 

設計段階での取り決めにより、指示モレがあっても作り替えになる事もなく 開発費の削減に効果が期待出来ます。


電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら