先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 技術情報

試作板金加工 材質技術情報
試作板金加工 加工技術情報
試作板金加工 Q&A

試作板金加工.com Q&A

試作板金加工事例

飛行機、航空機に用いられる板金材料を教えてください。

飛行機、航空機に用いられる板金材料としては、アルミニウム合金、マグネシウム合金、チタニウム合金等が挙げられます。
アルミニウム合金は,比重が軟鋼の1/3と軽く,比強度が高いため,航空機の外板や構造部などに広く用いられています。2024アルミ合金、7075アルミ合金があり、前者を別名超ジュラルミン、後者を超々ジュラルミン(extra super duralumin)と呼びます。こ
マグネシウム合金は、比重が1.8と,アルミ合金の2/3しかなく実用合金中もっとも軽いため,あまり荷重がかからないで適度の板厚を要するような舵面に使われます。
チタニウム合金は、 アルミニウム合金に比べて重さは1.6倍であるものの、引っ張り強さは2倍も強く特殊鋼並みで,かつ耐食,耐熱性が優れています。
試作開発や技術相談などが御座いましたら、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問を投稿

電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら