先着100名様限定 試作板金加工設計技術ハンドブック 進呈中 イプロスから申し込む お問い合わせへ 型レス 試作板金 技術相談・見積り依頼 オートベンダー板金 技術相談・見積り依頼

試作板金加工.com 技術情報

試作板金加工 材質技術情報
試作板金加工 加工技術情報
試作板金加工 Q&A

試作板金加工.com Q&A

試作板金加工事例

精密板金加工では、板厚の薄い物はどの様な物で、どの様な加工をしていますか?

精密板金加工では、一般的に薄板としている厚みは、t0.5以下としています。
材料については、ステンレス(SUS304・430) アルミ(A1100・A5052) 銅(C5191・C5210)
等をt0.3からt0.05程までを、薄物用のレーザーにてブランクカットし、
バリ取・バレル研磨を行い、曲げ加工を行います。
試作・少量量産に対して、所有している持ち合わせの金型で曲げ加工を行います。
持ち合わせの金型より不足する場合については、
簡易曲げ金型を、厚物用レーザーで加工し対応しております。
自社内での簡易金型製作により、不要なコストカット・短納期対応を得意としております。

タグ:

よくあるご質問を投稿

電話0465-80-1588 受付時間8:30~17:00(月~金,祝祭日除く) メールのお問い合わせはこちら